Category Archive:定年

日本社会では、終身雇用制度が確立されている企業が多く、病院でも基本的にはその制度を採用していて、定年まで働けるようになっています。
それまでずっと働き続けるという考え方が企業精神として重視されてきた文化がありますが、転職が受け入れられるようになって徐々に瓦解してきました。依然として終身雇用を貫き、新人教育でも企業のために貢献することを伝える現場が多いのも確かです。
病院では、むしろ医療に貢献していくことを主張し、その一手段としてやはり終身で働き続けて欲しいという願いを新人教育で行っているようです。看護師は特に不足している現場が多いことから、その理念を強く伝えられることが多いものの、実際には定年まで働いている人はほんの一部しかいないようです。大半が、途中で仕事を辞めてしまうのは企業精神が当然のように浸透していた頃からずっと続いているのが実情です。
看護師の性質として、女性が多いのが特徴であり、結婚したときに専業主婦になる人も多くいるようです。また、まだ働こうと考えた人も出産して育児をするようになると、離職が必要になりやすく、そのまま復職することなく専業主婦になってしまうようです。当初は復職を考えていた人も育児が大切だと実感するようになって諦めてしまうことがよくあります。結果として、大半の人が結婚や育児を理由に退職してしまって、定年まで働いている人が少ないのです。現場ではベテランがいなければならないため、働き続けようという看護師が必要とされています。