看護師にも、定年があります。これは働く機関に応じて異なりますが、多くの公立病院では、60歳が定年年齢になっていることが一般的です。
なぜ60歳かというと、看護師の仕事内容は体力を多く使いますので、一般的には何歳でもできる仕事ではないからです。ただし、民間病院の場合には、定年制度を導入していないところも珍しくありません。75歳になっても、現役看護師として働いている人もいるようです。
しかし、こうしたケースは少ないようです。一般的には、60歳を目安にして退職してしまう人がほとんどのようです。これは、やはり体力が落ちてしまって同じ仕事が続けられないからです。
また、現役として働き続けると、年金の支給金額が少なくなることがあるからです。この後者の問題はあまり知られていないですが、この職業を目指す人は知っておかなければいけないことです。60歳を超えても働き続けると、年金が一部しか支給されなくなる可能性が出てくるのです。収入が高くなればなるほど、支給される厚生年金額が少なくなる傾向があります。したがって、どうしても仕事にやりがいを感じて働くのではない限りは、現役として働き続けずに退職した方が良いでしょう。
年金の金額については、年金事務所に確認してみることがおすすめです。支給される金額がどれほど減少するのか、それとも減少しないのかをチェックしておきましょう。もし、減額する可能性がないのであれば、働き続けることも1つの選択肢と言えるでしょう。この職業に勤めようと思っている人は、知っておきましょう。